プレイシート(コックピット)ロッソモデロ GTD-Speci購入【準備・開封編】

グランツーリスモ用にプレイシート(コックピット)ロッソモデロ GTD-Speci購入

今回は、注文したプレイシートのGTD-Speci(ロッソモデロ社)が届きましたので、開封と組立・設置、簡単な感想について書きたいと思います。

長くなってしまうので、

  • 準備編←イマココ
  • 組立1
  • 組立2

と分けてお送りしたいと思います。

ロッソモデロ GTD-Speci 準備編

プレイシートGTD Spec-i 注文&到着

プレイシートをどれにしようか悩んだ末、最もバランスも良く、評判も良い、ロッソモデロ GTD spec-i yahooのロッソモデロさんで購入しました。

購入から1週間かからず到着。

価格は税込み73,440 円、送料で3,500円かかりました。

段ボールが3つに分けて配達されました。
今回、我々の手違いで設置場所とは異なる住所に送付してしまったので、車でそこから積みなおし自分たちで運びました。

レンタカーでホンダのフリードを借りましたが、これでちょうどよく後部座席に収まるくらいの大きさです。
ひとつの段ボールが15kgほどで、全部で約45kgあります。
重いので、運ぶ時や設置の際も、最低2人で行ったほうがよいです。(腰痛に気を付けてください。)

ロッソモデロGTD spec-iを組み立てるのに必要な工具

はじめに組み立てに必要な工具を載せておこうと思います。

公式の説明書によると必要な工具は

  • +ドライバー
  • 13mmスパナ
  • 付属の24六角レンチ

これらで組み立てが可能と書かれております。

実際に組み立ててみると、幅がとても狭い箇所があり、長いドライバーでは対応できない箇所もありました。

また、剛性を最大限発揮するためにきちんと固定するため、より効率的に進めるために下記のような工具があるとより便利です。

 

今回揃えたモノ

・ハンコン Thrustmaster T-GT

・コックピット ロッソモデロ GTD-Speci

開封作業

こんな感じで厳重に梱包されています。そして、質感を見るにきちんとしていて重量感もあり、これはさすがに安いものではないなと一目見てわかる感じがしました。(上写真はフロント底部)

こちらがリア底部

この長方形っぽい長い金属板が底部前後をつなぐもので、右側の筒はハンコン(別売)を支えるアームです。

こちらがシートです。質感など完全に本物のスポーツシートです。レカロシートほどのカチカチ感もなく、普通に椅子として良い座り心地です。

開封後、並べてみました。一つ一つが重いので、設置する場所で開封した方が楽だと思います。

こちらが小物。数が多いので、このように一度出して、不備がないか確認してください。

特に、説明書はわかりづらいです。ねじの一つ一つの長さが微妙に異なりますので、よくみておいてください。

それではここから組み立てに入っていきます。

次の記事「プレイシート(コックピット)ロッソモデロ GTD-Speci購入【組立編】」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です